中部大学工学部  情報工学科
[English]

山内研究室 Biomimetic Intelligent System Laboratory

yamauchi-at-cs.chubu.ac.jp [public key] PGPFP: EECA EA2C 2056 6495 B29D E66C 6A45 6F2B 18DA 372D

 研究室の概要

研究方針
教育方針

 研究内容
研究テーマ
発表論文

 メンバー
教 授 山内康一郎
学生

 担当授業

 研究室へのアク セス

 top page




News & Topics Last Update  July 5, 2017
    学内3年生向け研究室紹介(open laboratory)日程について:
    7月12日(水曜日)PSH
    それ以外の日程については、山内宛(上記アドレス)に連絡を下さい。善処します。

    西尾大輔君が次の論文を発表しました "Multithreading Incremental Learning Scheme for Embedded System to Realize a High-Throughput", i --23rd International Conference, ICONIP 2016--, LNCS9948, pp. 204--213, October, (2016).

    加藤和義君が次の論文を発表しましhた:"Risk Sensitive Reinforcement Learning Scheme Is Suitable for Learning on a Budget", 23rd International Conference, ICONIP 2016--, LNCS9949, pp. 202--210, October, (2016).


    ゼミ説明会(6月30日 15時以降随時、7月5日火曜日(15:20以降)7月6日水曜日 PSH 7月7日木曜日 16時−18時随時、7月8日金曜日 17時−18時随時)5号館 5314室

    小木曽貴也君他の論文がIJHISに掲載されました。
    Takaya Ogiso, Koichiro Yamauchi, Norio Ishii, Yuri Suzuki . "Co-learning system for humans and machines using a weightedmajority-based method" Accepted to IJHIS (IOS Press).

    小木曽貴也君が以下の論文をSoCPaR2015(福岡)で発表しました。
    Takaya Ogiso, Koichiro Yamauchi, Norio Ishii, Yuri Suzuki . "A Co-learning system for human and machines", in Proceedings of the 2015 Seventh International Conference of Soft Computing and Pattern Recognition (SoCPaR2015), IEEE, pp. 363--368, November, (2015).

    西尾大輔君が以下の発表を行いました。
    西尾 大輔, 山内康一郎 . "組み込み用神経回路LGRNNのスループットを高める実装法",  電子情報通信学会技術報告, NC2015-46, pp. 1--6, 12月, (2015).

    加藤秀一君が以下の論文をICSEEA2015(インドネシア)で発表しました。
    Hidekazu Kato, Koichiro Yamauchi  "Quick MPPT microconverter using a limited general regression neural network with adaptive forgetting." ICSEEA2015  October 5-7 2015, Bandung Indonesia


    加藤晶久君が以下の論文をIJCNN2015で発表しました。
    Akihisa Kato, Hirohito Kawahara, Koichiro Yamauchi . "Incremental learning on a budget and a quick calculation method using a tree-search algorithm ", in IJCNN2015: The International Joint Conference on Neural Networks 2015, pp. 3719--3725, July, (2015).


    小木曽貴也君が以下の発表を行いました。
      
    小木曽貴也, 山内康一郎, 石井成郎, 鈴木裕利 . 
    "
    アンサンブル法によるユーザスキル収集と教育への応用",
    日本デザイン学会誌 第62回研究発表大会概要集, pp. 150--151,
    June, (2015).
    千葉大学 西千葉キャンパス,
    2015
    612()14(),

    加藤晶久君が以下の発表を行いました。
    Akihisa Kato, Koichiro Yamauchi: " Improved Limited General Regression Neural Network for Embedded Systems", JNNS2014 pp.52--53, (2014).

    小型組み込み機器用・適応・学習アルゴリズム小特集
    の論文募集が始まりました。詳細は以下をご覧ください。(〆切2014 11/28)
    http://www.ieice.org/eng/s_issue/cfp/2015_9ED.pdf

    ICONIP2014に次の論文が採択されました。Yusuke Kondo, Koichiro Yamauchi . "A dynamic pruning strategy for incremental learning on a budget",  to appear in Neural Information Processing -- The 21th International Conference, ICONIP2014 November, (2014).

    次の 論文がJACIIIに掲載されました。"Incremental learning on a budget and its application to quick maximum power point tracking of photovoltaic systems", Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, vol.18, No.4, pp. 682--696 (2014).

    近藤 勇祐君が次のタイトルで発表しました。"ページ置き換えアルゴリズムを導入したLimited General Regression Neural Network", Technical Report 電子情報通信学会技術報告, NC2013-112, pp. 139--143, 3月, (2014). (errata有り。お問い合わせ下さい)

    加藤 晶久君が次のタイトルで発表しました。 "組み込み用学習法LGRNNとその探索木を用いた高速計算法", Technical Report 電子情報通信学会技術報告, NC2013-66, pp. 75--80, 12月, (2014).

  • 組み込み用 適用・学習アルゴリズムとその応用研究会が1月27日午後に開催されました。

  • ICONIP2013 でLGRNNのパワーエレクトロニクスへの応用に関する発表を 行いました。

  • 伊串健太君がFSS2013でスマートグリッドゲームに関する研究発表を行いました。

  • IJCNN2013 にて、次のタイトルで発表しました。"An importance weighted projection method for incremental learning under unstationary environments"

研究室の概要

研究内容

担当授業





研究室メンバー専用ページ





中部大学